インターベンション心臓病学

ステントデリバリーシステムやバルーンカテーテルの設計と製造にかかわらず、 Quasar Medical の効率的な組み立てと自動化プロセスにより、プロジェクトごとにカスタマイズされたソリューションが提供されます。当社は、お客様との強力なパートナーシップを通じて、製造技術と生産能力がお客様のデバイスの成功を妨げるものではないことを保証します。当社のエンジニアリングサービスは、製品ごとに生産効率とコスト削減を考慮した DFM (生産性を考慮した設計)アプローチを採用しています。

インターベンション心臓病学査の応用

  • 心臓カテーテル法:血小板の有無、心臓の筋肉の強さ、心臓弁の機能を判定するための診断テスト。
  • 経皮的冠動脈インターベンション( PCI ):動脈の血流を回復させるための技術。
  • アテローム切除術:カテーテル治療では、硬くなった閉塞部分を様々な器具を使って除去し、ステント治療を行うこともあります。
  • 卵円孔開存閉鎖:乳幼児の心臓切開手術に代わる革新的なカテーテルを用いた治療法です。

冠動脈疾患には様々な原因があります。冠動脈疾患を発症した患者は、インターベンション心臓病学( IC )と呼ばれる非侵襲的または低侵襲的な治療法を選択する傾向にあります。IC は基本的に、狭心症、不整脈、心筋梗塞(心臓発作)など、さまざまな冠動脈疾患の診断および治療にカテーテルを使用します。このような低侵襲手術は、患者のリスクを大幅に軽減すると同時に、心臓内での治療を正確に行うことができます。 

一方、開胸手術は、回復が非常に困難で、体内の他の健康な部分や心臓に問題が生じる可能性があります。カテーテルとは、髪の毛の 10 分の 1 ほどの細さの管で、心臓に治療薬を運んで届けることができます。動脈が細くなったり、詰まったりすると、一般的にはバルーンカテーテルが使用されます。これは血管形成術(別名経皮的血管形成術またはバルーン血管形成術)として知られています。 

カテーテルには、保護するためのシース、動脈内に造影剤や薬剤を投与するための薬剤投与チップ、心臓外科医が精密にコントロールするバルーンが備わっていることがあり、さらに動脈の血流、血圧、温度、および内部構造を判断するためのバイオセンサーが付いていることもあります。バルーンカテーテルは、擦過処置(粥腫切除術)の後、対象血管内にステントを移動して設置するために使うこともできます。プラークを取り除き、薬剤を投与し、画像化を実施するなど、バルーンと粉砕チップの機能の正確なコントロールが、優れたIC機器メーカーには必要です。IC処置中、バルーンチップの膨張に長時間要したり、カテーテルチューブの柔軟性が低いことから脚から心臓までの動脈内の移動で摩擦が発生すると、不要な違和感や、場合によっては外傷につながることがあります。

設計、生産に使用される材質、そしてカテーテルとそのバルーンチップの品質が、介入心臓手術の成功において大きな鍵を握っています。デバイスの品質と精度が高ければ高いほど、そのOEMは市場の中でより優れたメーカーとして認識されます。

介入心臓病学の分野で医療機器メーカーを探す際、次のような特徴があります。 

  • 新製品の設計や開発に関するノウハウ 
  • 全体的な所要時間(設計から納入まで)が速いこと
  • クリーンルーム、最新の製造技術(成形、組立、チュービングおよび複数のQCテストポイントの段階化など)、そしてパッケージングが含む、コスト効率の高いエンドツーエンドの製造 
  • レジリエントなサプライチェーン(新型コロナウィルス感染症のような危機的状況でも、供給材料の受け入れから、スケジュール通りの顧客への完成品納入まで)
  • 複数層にわたる完全な知的財産(IP)保護 
  • グローバルな生産基準

30年以上の医療機器の設計・製造のノウハウをもつQuasarは、お客様のエンドツーエンドの医療機器製造のソリューションです。

Guide
Sensor technology used in minimally invasive diagnostics
Sensor technology is at the forefront of minimally invasive diagnostics. The effectiveness of using sensor tipped catheters is their ability to be steered through the
Guide
Design Considerations of Electromagnetic sensors for Catheters
Catheters equipped with sensory technology such as electromagnetic sensing are an emerging technology that is extremely useful in 3D imaging for interventional cardiology procedures. The

Contact

How can we help?
GDPR*
このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。