神経血管性疾患

 神経血管デバイスの設計と生産の鍵。30年以上にわたって、Quasarはサブミクロン製造を専門としており、これを支えるのは、高いスキルをもったオペレーションチームと、細部を重要視して完成品を納入することを目標として設計された工程です。試作から量産まで、Quasarは完全にターンキーのソリューションを提供し、お客様のデバイスの信頼性と最適性能を確実とします。

介入性神経内科では一般的に、次のような疾患を治療します。

虚血性脳卒中:脳の脈管構造にある1つ以上の血餅によって生じます。

脳動脈瘤:脳内の動脈もしくは毛細血管の肥大もしくは隆起。

動静脈奇形:動脈や静脈の欠損群で、脳への血流や酸素供給の分断の原因となります。

瘻孔:脳内もしくは脳周辺の血管の異常接続で、脳の局所定な細胞に対する、栄養分の供給の減少や欠如につながります。

その他の神経血管性疾患

介入性神経学(IN)は、神経血管性(NV)疾患の診断と治療を行い、つまり、脳や中枢神経系(CNS)を対象としています。介入性神経学で一般的に使用されるデバイスには、機能が特定された血管内カテーテル、血管造影や蛍光透視があります。

脳は人体の中で最も灌流している臓器であり、体の酸素摂取量の25%を必要とします。脳には酸素やぶどう糖を保存する手段がないため、脳内の平衡失調はすべてが医学的な緊急事態となります。このため、血流の閉塞や不安定を招く障害や疾患はすべて、直ちに取り除く必要があります。

介入性神経学デバイスには次のようなものがあります。 

コイル塞栓術デバイス:脳内の瘤(動脈や毛細血管の隆起)の治療に使用されます。厚み最大1.5Frの操縦可能なマイクロカテーテルを用いて、充填接着剤、メッシュステント、または巻き付いて部位で開放されるプラチナ製ワイヤを移動します。いずれの処置も、瘤の破裂防止につながります。

大脳バルーン血管形成術:カテーテルチップが膨張可能なバルーンになっており、これが閉塞部を取り除いたり、血管破裂を防止する閉塞を形成したりします。このバルーンは神経科医がコントロールし、高圧もしくは中程度の圧力下で膨張することが可能で、この場合バルーンはポリエステルやポリウレタン複合体でできています。バルーンは、通常の8倍の大きさまで膨張することが必要なこともあり、つまりその性質上きわめて柔軟性があり、したがってシリコンや、その他以下の人気が高まっている材質で製造されています。ニチノール(形状記憶合金、SMA):

ステント挿入システム:神経血管ステントには、きわめて微細な設計と構造が必要とされ、心血管ステントよりも大幅に高い柔軟性と弾力性を備えている必要があります。形状記憶ポリマー(SMP)ステントは、神経血管処置に特に適しています。

閉塞血管別血栓除去術デバイス:機械、超音波、またはその他の手段の低侵襲カテーテルを用いた技術で、神経血管系に形成された血餅を取り除きます。虚血性脳卒中を起こしたことのある患者に主に使用されます。

マイクロカテーテルチューブは高度工学ポリマーでできており、可動インターロック部品が備わっています。Quasarは、高精度の専用自動押し出し、チュービング、およびマイクロアッセンブリの生産ラインを有しており、大量・少量いずれの生産にも対応できます。Quasarの高いスキルをもったオペレーターは、特殊な製作・組立ツールを採用しており、顕微鏡下で精密な組立を行っています。定期的な従業員トレーニングで、常に信頼性の高い生産を徹底しています。 

Quasarなら、お客様の新しいNVデバイスの材料調達、マイクロアッセンブリ、そして完全なIP保護が細心の注意を払って行われるため、安心していただけます。Quasarは、規制要件を超える業界最高クラスの医療機器をご提供しており、これによってお客様のブランドが、マーケットリーダーとしての地位を獲得することが可能です。

Guide
Sensor technology used in minimally invasive diagnostics
Sensor technology is at the forefront of minimally invasive diagnostics. The effectiveness of using sensor tipped catheters is their ability to be steered through the
Guide
Design Considerations of Electromagnetic sensors for Catheters
Catheters equipped with sensory technology such as electromagnetic sensing are an emerging technology that is extremely useful in 3D imaging for interventional cardiology procedures. The

Contact

How can we help?
GDPR*
このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。