マイクロアセンブリ

概要
マイクロアセンブリ

これまで30年以上にわたり、世界は最小侵襲的な介入手順の大きな進展を目撃してきました。これらの手順で使用される医療機器は、数ミクロンから数ミリメートルまでの範囲で小さくならざるを得ませんでした。正確さと機能性への要求はさらに高まっています。ついでに言うと、医療機器が小型化されるにつれ精密度も上がりました。しかし、マイクロデバイスの製造はマクロデバイスの製造と同じではありません。材料特性、静電気力、マイクロスケールアセンブリはすべて、製造の困難を増大します

完全自動化または半自動化されたシステムの一部として高度に特殊化された機器は、マイクロアセンブリの成功に欠かせません。マイクロ成形とマイクロマシニングはマイクロアセンブリで使用される補足的技術です。バルーンカテーテルやガイドワイヤ、マイクロエレクトロニクスコンポーネント、マイクロペースメーカー、電極先端カテーテルのようなマイクロデバイスなどが、マイクロアセンブリによって製造されます。

マイクロアセンブリの課題は?

マイクロアセンブリ生産ラインのある施設には、特殊な機械とインフラストラクチャが必要です。ISO 14644-1およびcGMP標準に基づいて設計されたHEPAフィルターを備えたクリーンルーム。完全自動化または半自動化ラインでは大きなスペースが必要です。これらの専門領域のメンテナンスは高品質製造には不可欠です。クリーンルーム内で作業する人員の広範なトレーニングも必須です。マイクロデバイスの注文サイズは大きく異なる可能性があるため、量の変動に対応する必要があります。

アプローチとソリューション

Quasarは小型システムソリューション向けの新しい可能性を開き、サイズの制約を受けずに革新的な製品を作成しています。当社はヒューマンプロセスとオートメーションプロセスを結合した、先進的な生産ラインを製造、AOI(自動光学的検査)、パッケージ段階のいずれでも稼働させています。Quasaは任意のバッチサイズの生産では、自動接着塗布プロセスにおいて10ミクロン以下の組立を処理できます。Quasarは自社内でオートメーション化した機械のビジョンおよび測定プロセスを作動させ、他にはない品質管理を実現しています。

プロトタイピング
マイクロアセンブリの利点
  • マイクロ3D製品仕様を含める企画、プロセスエンジニアリング、開発専門技術
  • その核としての、また製造ライフサイクルにおよぶ最新式オートメーションプロセス
  • 最高レベルの製品品質管理と品質保証
  • 高い効率と一貫した出力
  • 10ミクロン以下の機器および部品のマイクロアセンブリ
icon medical
10ミクロン未満に対応できる能力
icon medical
精度の計画
icon medical
オートメーション
icon medical
品質管理・品質保証
icon medical
高い一貫性
icon medical
ハイパフォーマンス

お客様は当社独自の能力を活用できます。設計プロセスのパートナーとして、当社は固定期間で生産を計画・実行し、高い一貫性を実現します。1万個目の製品は最初の製品とまったく同じで、品質も変わりません。このため、最高レベルのパフォーマンスをお客様にお届けし、最終的にトレーニング期間を数ヶ月短縮し、最高の効率で稼動することが可能になります。

PFMおよびプロトタイピングのためのナレッジセンター

Article
Medical Device Design Transfer Challenges
Hundreds of OEMs including market leaders partner with contract manufacturers to manufacture their creations. The trend to outsource has grown over the years, beginning with
Article
5 Trends going into 2022 for the Medical Device Industry
The Medical Devices Market is constantly evolving. Medical Device OEMs must be aware of the market pulse – and be prepared to adapt to shifts
Article
2 Key elements to recognizing larger margins for your minimally invasive device
Recent technological advancements in the medical field, coupled with the abundance of lifestyle-related diseases and chronic disorders, have caused a significant upswing in minimally invasive

連絡先

お困りですか?
GDPR*
このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。